「RITZの気まぐれ絵日記」

ritzm.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2008年 12月 28日

良いお年を♪

商都博多に生まれて八十余年。
鈴懸の創作和菓子です。
f0065380_1733450.jpg

なにかと慌しく新年の準備を進めながらも
年末のご挨拶にいらして下さった方には、ささやかですが
お茶だけでも一服お出ししますと喜んで下さいます003.gif003.gif

あと少し雑務があります! がんばりまっす066.gif

お気楽な更新の拙いブログに遊びに来て下さって
今年も本当に有難うございました。
皆様、良いお年をお迎え下さい♪
[PR]

by RITZM | 2008-12-28 18:13 | *Sweets
2008年 12月 27日

束の間♪  

クリスマスも終わり
街は一変 お正月ムードに変化しておりました!

年内に終わらせなければいけないお仕事の合間に
栄養補給037.gif
JEAN-PAUL HEVIN Bar a Chocolatへ
f0065380_1046418.jpg

とても静かで落ち着~いた空間。

紅茶はJPHメランジュ。
セイロンにラブサンスーチョンが少しブレンドされています。

グアヤキル
アーモンド風味のチョコレートスポンジと
ビターなチョコレートムースのこくのあるガトー
ほっと一息の贅沢なティタイム063.gif

その後とってもフットワークが軽くっなって捗りました070.gif
単純なRITZでございます♪
[PR]

by ritzm | 2008-12-27 10:55 | *Sweets
2008年 12月 22日

忘年会@NAGASAKI

2008年の長崎での忘年会は、ホテルニュー長崎でした
f0065380_0491232.jpg

福岡の食材とは、また違い長崎の海産物or雲仙のきのこ類など地元の食材を
ふんだんに生かしたメニューが次々と・・・・
f0065380_0545827.jpg

デザートもたっぷり^^
f0065380_143311.jpg

大満足の忘年会でした。
今年のお集まりは、まだまだ続きます024.gif
[PR]

by ritzm | 2008-12-22 00:55 | *Events
2008年 12月 20日

「春吉 やま祢」

来週はいよいよクリスマス
今週末にパーティーをされる方も多いでしょうね^^
私も、いろいろな会が続きます069.gif

その後は大晦日、お正月と年末年始の忙しい時期が続きますが
体調を崩さないように、気を引き締めて!早めに準備を済ませて(理想です^^)
余裕を持って迎えたいものです
f0065380_10333162.jpg

福岡の台所として知られる"柳橋連合市場"の近くにある
「春吉やま祢」にて打ち上げ&忘年会でした!

元々、薬院にあった大正時代創業の歴史を持つ料亭「やまね」から続くお店です。
祖父・初代の山根さんが創業し、その子供たちがそれぞれ銀座や西麻布などにも
開業されてるようです。
こちらの店主の山根さんは、初代のお孫さんになります。
f0065380_1034116.jpg

料亭当時の屏風絵や調度品を引き継ぎ、歴史を感じゆったりとした
風雅な雰囲気を味わえます。
f0065380_10343088.jpg

お料理は、季節の素材を使った和風創作料理、現代の感覚や味覚にあわせて
アレンジを加えた新しい懐石料理です。
大根のかつら剥きがキャンドルのように細工されており
玉手箱のような季節の前菜盛り
(ゆず釜おから・くわい煎餅・鴨ロース・サザエ・ほりかわ牛蒡デミグラスソース・あん肝
アラの幽あん焼き・千社唐酢・ゆり根のブルーチーズなど)
これだけで大満足
f0065380_10413411.jpg

店内はカウンター5席と、掘りごたつ式の個室が二部屋あり
こじんまりとした温かさと落ち着いた雰囲気の中、
美味しいお料理に舌鼓を打ち会話も弾み
心がなごむひと時でした^^♪

「春吉 やま祢」
住所:福岡市中央区春吉2-2-5-1F
電話:092-761-1437
[PR]

by ritzm | 2008-12-20 18:08 | *Gourmet
2008年 12月 17日

冷泉家時雨亭の月次図屏風「雪晴れに鶴」

12月も半ばとなり、2008年もあと約2週間!
毎月恒例のカレンダーも今年最後のページになりました。
f0065380_15312692.jpg

一年の締めくくりに、白い雪で覆われた清浄な風景に鶴が群れ遊び、
赤い朝日が空に昇りかけています。
明ければ新玉の年が再びめぐってくるというわけでしょう。しかも手前と遠景には、
吉祥のシンボルである松が描かれています。
f0065380_15315380.jpg

現代の日本への鶴の飛来は、一部の地域を除いてきわめて珍しくなりましたが、
近代以前には冬季に多くの鶴が渡ってきました。
ここに描かれているように、全身が白く頭頂が赤い丹頂と、首の部分が白いだけで灰色の
羽色をした真鶴とが多く、人々に親しまれてきました。

「鶴は千年」の寿命を保つといわれるように、長寿、長生の象徴として
日本画の好画材でもありました。
f0065380_15384147.jpg

上下をいろどる青い雲形のほかに、金色の霞が幾段にも刷かれて、
どこまでも目出たくまとめられています。
来年もまた良い年となりますようにと、絵柄を通じて祝意を送り届けてもらっているようです。
                                      「カレンダー解説より」
[PR]

by ritzm | 2008-12-17 23:58 | *Gallery